内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 内科医求人の探し方

内科医求人の探し方

最近病院の建て替えが進んでいる気がしませんか?事実病院は災害での拠点として、地域の重要な拠点へと変わってきました。待合室の雰囲気も温かい色調になってきました。最近では内科医の仕事は「かかりつけ医」といわれるようになり、ますますその重要性が増しています。ひとりの医師に専属の看護師が付くことが普通になり、患者には安心感が生まれているようです。病院の様々な電子化と、実際の医師、看護師、医療事務の声かけ確認とがあってこそ、病院への信頼は高まります。居心地の良い病院やクリニックの内科医求人は、「リクルートドクターズキャリア」や「医師転職ドットコム」などのサイトで探すことができます。複数登録することで、より多くの求人が見つかります。あなたの職業に応じたサイトをご利用ください。

熱が38度ある、喉がぜいぜいする…そんな時に駆け込むところは決まって「内科」か「耳鼻科」、あるいは子供ならば「小児科」がありますね。新聞やインターネットでも、土日祝日の担当医は○○病院、と記事がありますから、そういう日は病院が込み合います。

個人経営のクリニックなら、土日祝日は休みでも、入院患者が数多く出入りしているところでは、実際24時間365日年中無休なのが基本です。もちろん看護師も夜勤がありますし、宿当直の医師も待機しているわけです。実際のところ、夜勤ばかりを担当するのは、なかなか体力や精神力にきついものです。病床の見回りもありますし、中には階段で転ぶ患者もちらほら見かけます。

そんなときは、内科医であっても外傷の処置はある程度しなければなりませんし、看護師も「体重の重い患者」を抱えなければなりません。人手が少ない深夜でも、何かが起こるのが病院というところです。こうした夜勤業務は深夜手当こそ付きますが、オンコールが続くようなら、疲労が溜まってしまいます。ですので、夜勤専従などで、生理不順や過労にならないように気をつけたいものですね。

内科医の求人は、転職サイトでは細分化されてきています。総合医としての内科医は東京圏から地方、あるいは離島に及ぶまで広範囲に求人があります。臨床専門医が不足しているのは、内科医だけでなく、看護師も同じです。そのため、介護ステーションなどでの看護師求人が多く、医師の代わりに臨床診断を行っています。こうした看護師は介護関係の会社に登録する形が多く、訪問看護が中心です。

総合医としての内科医は、今後ますます必要とされます。老人福祉施設での健康診断、問診一つとっても、内科医の権限は決して揺らぎません。ご自身の人生設計をどうしていくか、勤務医で行かれる場合は、医師同士の交流サイトもある転職サイトなどで、ぜひ参考にされるのがよいと思います。もし転職を考えるならば、転職サイトの登録から早くても3ヶ月は手続きなどが必要です。日々のスキル向上と、これからの夢も同時に叶えていって下さい。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.