内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 腎臓内科医・人工透析科医の求人

腎臓内科医・人工透析科医の求人

腎臓内科医に求められるのは、透析医療ですが、現在はより「予防」を含めた内科全般の外来に重きが置かれる傾向です。「医師転職ドットコム」では透析医療の確実性に焦点をあてたリクルートを行っているのが特徴です。ただ、病院の中には血漿交換療法中心の、いわゆる腎不全以外の症例を行うところがあります。リウマチ性疾患やギ欄バレー症候群の増加に対応するためです。長時間の透析医療に携わる医師求人も見られます。総合病院からネフローゼクリニックなどの専門病院への転院が行われている施設の募集などもあります。

腎臓内科、人工透析科の本来の求められる方向性は「総合腎臓科」ともいうべき腎臓専門の医療体制です。医師の多くは腎不全の症例に負われている面があります。そのため、本来は健康診断での血液、および尿検査で様々な食事療法や運動療法を一般内科医、あるいは検診医が指導すべきなのですが、実際にはそこまでの体制になっていないのが実情です。そのため、転職サイトでは「腎臓」に絞った病院求人は情報として流す訳ですが、その子細は実際のエージェント、それも専門コンサルタントでなければ伺い知ることは出来ません。これは「エムスリーキャリア」にしても「医師転職ドットコム」にしても「リクルートドクターズキャリア」にしても同じことが言えます。

まず、人工透析に絞った病院を考える、という手法があるでしょう。あるいは、急性期医療を担当する病院を希望する手法もあります。ですが、前者は透析スキルに通じることが重要ともいえ、後者は他の科目や看護師、栄養士、薬剤師との共同チーム医療に徹することが求められる、ともいえます。ですから、ご自身が「こういう医療方針のある病院へ移りたい」とはっきりとした意思表示が必要になるでしょう。エージェントは、腎臓なら腎臓、透析なら透析、と考える場合がありますし、療法に絞った選択肢を案件として持って来る場合があります。さまざまな症例を提示してから求人に応募するのが転職への近道でしょう。

転職サイトは広く情報を掲載しています。ですが、もし慢性腎臓病に重きをおくようでしたら、心血管系の医師との情報交換もしておくとよいでしょう。「エムスリーキャリア」の医師交流サイトは転職の事前交渉にも役立ちます。また、蛋白尿の検査から腎不全慢性期医療、末期の透析医療と維持療法に特化するならば、「転職医師ドットコム」のコンサルタント情報は信頼が持てます。また、「リクルートドクターズキャリア」では、別の視点で転職情報を取得するのがよいでしょう。

血漿交換、吸着療法など特殊な血液浄化療法を得意とする場合は、その旨をコンサルタントに伝えておくと理解が深まることになります。腎臓内科系の病院は学閥などではなく、スキルで集まってくる傾向が多くあります。地域のこだわりもなく、患者も全国から集まってくる病院があり、都市部ではなく地方都市にあることも知られていますので、よく情報を集めてもらうことが大切でしょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.