内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 呼吸器内科医の求人

呼吸器内科医の求人

肺がんの死亡率が高まっていることもあり、呼吸器内科医の求人には特にスキルの高さが要求されています。 呼吸器内科の領域は非常に広いため、疾患数も多く、症例には事欠かない状況です。最近特に病床数が200以下の総合病院での求人が増加しております。患者の高齢化とともに、肺炎、肺気腫、肺がん、喘息といった疾患が増加している証拠です。「リクルートドクターズキャリア」では急募の呼吸器内科医求人が掲載されています。日々その数は増加傾向です。気になる求人はこまめにチェックしておきましょう。

呼吸器内科を持つ総合病院は、高齢者の患者を多く抱えています。求人の多くは病床数が100から200といった総合病院が多く、慢性期患者が多いのが特徴です。脳梗塞など複数の症例を持つ患者も多く、呼吸器だけのスキルでは対応しきれない場合もあります。そのため、看護師とのチーム医療の必要性が問われています。

「医師転職ドットコム」のコンサルタントが要求する医師のスキルは「コミュニケーション能力」と感じています。コンサルタントの多くは医療機関側のニーズに合う医師を探しており、待遇面でも特段の配慮をするように交渉しています。 専門性に通じた求人に強いのが「エムスリーキャリア」でしょう。キャリアコンサルタントが病変ごとに必要な治療方法、医療機器に即する情報を持っていますので、病院担当者との交渉でも安心して任せることができます。中核病院から総合病院といった各種の病院情報は非常に精度の高いものばかりですから、まずは登録をしてみるのがよいでしょう。

呼吸器内科はインフルエンザといった感染症から、腫瘍性疾患、気道閉塞性疾患、肺血管性病変、胸膜疾患、呼吸不全、アレルギー性疾患と病変も多いことが知られています。また、残念ながら呼吸器内科は需要が高いにもかかわらず、専門医が非常に不足しています。ただ、一般的な病院情報しか入手できない転職エージェントもいますので、呼吸器内科に絞って求人を探す場合は、複数の転職サイトにアクセスしておく方が、より安心だといえます。

転職エージェントは非常に多様化しており、病院の求人状況だけでなく、経営にも助言する(コンサルティング)こともあります。「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」は特に経営情報の入手にも力を入れていますが、呼吸器内科はこれからの病院経営の要となる科目です。慢性期患者をどう診ていくか、非常に難しい領域ですが、ぜひ、人事面にも配慮して「キャリアにふさわしいポスト」を獲得するために、転職サイトのうまい活用をして頂きたいと思います。やりがいのある病院作りのお手伝いこそが、エージェントの仕事といえましょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.