内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 一般内科医・総合内科医の求人

一般内科医・総合内科医の求人

現在プライマリーケア認定医への受験者が増加していますが、これは転職と何らかの関わりがあるのでしょうか?総合内科医の中でも「地域医療」を目指す内科医にとって、プライマリーケアは医療と看護、介護、教育といった広い意味での総合医の役割を果たすことになります。「転職医師ドットコム」ではとりわけ地域医療を進める地方自治体運営の病院や、地域中核病院での臨床、あるいは往診の情報が数多く掲載されています。内科はかかりつけ医の窓口でもあり、日々病院の形は変化しています。登録することでより内容の濃い情報が入手できます。

転職サイトの個性を語る前に、一般内科医と総合内科医の立場の違いを明らかにしておきましょう。医師は本来どの科目に専門性を抱くかで迷いが生じるはずです。もちろん皮膚科や眼科、婦人科といった分野を選択するのははっきりした動機がかなりあるようですが、その他については内科か外科かといった区分けが大まかにあるといってよいでしょう。そのなかで、一般内科医を欲しがる病院は求人に様々な科目を並べているのが現状です。神経、消化器、呼吸器、心療、腎臓、循環器、心臓、口腔と思いつくままでもこれだけのスペシャリストが揃うわけです。ですから、希望の求人が専門病院ならば、たとえば「リクルートドクターズキャリア」のコンサルタントのように科別に詳細な医療機器や医療環境をリサーチできるエージェントを選ぶのが正解ではないかと思います。

一方、プライマリーケア認定医とまではいかなくとも、総合病院で総合内科を標榜する経営方針を貫くところでは、ジェネラリストとしてのスキルを求める求人が多くなっている事実もあります。「エムスリーキャリア」のコンサルタントのように、内科医のアドバイスを受けながらエージェント活動を行うカンパニーでは、総合内科医への転身を考えながら、踏ん切りがつかない研究医、一般内科医への後押しを図ることで、病院側が考えていなかった求人を開拓することまで行っています。

転職サイトが数多くある中で「医師転職ドットコム」は総合デパートのような十分は転職条件をシステム化しています。効率よい病院選びと、あらかじめ聞き取ってある病院の経営方針に照らしあわせて、スピーディな求人情報と待遇交渉力が魅力的でしょう。特に、転職成功者の体験トークはエージェントの挙績に上げられています。満足できる求人と転職がセットで、成功と言える訳で、一年後、二年後に医師が目指していた内科医としての医療が成し遂げられているかを確認することも、エージェントの大きな責務なのです。

転職サイトはこの他にも数多く存在します。ですが、コンサルタントの個性や相性、クオリティはまちまちなのが本来の姿です。ですが、自分がこういう医師になっていきたいのだ、という思いをぶつけなければエージェントは成長できません。また、それが中途半端ならば、他のエージェントに変えることは当たり前の行為です。ぜひ複数のエージェントに登録して、ご自身の希望を叶える転職をめざしましょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.