内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 神経内科医の求人

神経内科医の求人

ここ数年神経内科医の人気が高まっています。総合病院でも「ものわすれ外来」には患者がごった返す、という状況が固定化してきました。神経内科医の場合、求人内容は専門病院や総合病院に限られる傾向ですが、訪問介護ステーションでの派遣医師にも、内科及び神経内科、という条件が出て来るなど、その存在が認知されてきています。例えば「医師転職ドットコム」ですと、有料老人ホームの医務室などは神経内科医が求められるケースが増えていますし、都市部や痴呆の中核病院では求人が増加しています。まずは登録からご自分のキャリアを作っていきましょう。

アルツハイマーや高次脳機能障害などは、疾患や外傷という複雑な要因で起こる症状です。神経内科医はCT、MRI、あるいはRIといった画像検査を素に診断を行いますが、こうした機器は最新のものでなければ症状の原因は突き止められません。研究型の神経内科医と臨床型の神経内科医の二つに分かれているのが、現状といえますが、研究型から臨床型への移行が進んできているのもこの科の特徴の一つです。

また、大学病院での神経内科医が画像分析とリハビリテーションに重きをおいていることとは違い、民間の医療機関では「症状」による家族のストレスに配慮した内科医の存在が重要になってきました。

「医師転職ドットコム」では、神経内科医の転職について、非常に多くの情報を持っていますが、脳神経外科と神経内科の料化を持った専門病院への転職希望医師にも、対応する情報量があるといってよいでしょう。「エムスリーキャリア」の特徴でもある大都市特化の求人情報では、神経内科医の「質」にもこだわりがあります。高齢化社会でますます注目される神経内科の創設を病院に働きかけるなど、エージェントの安心感は際立っています。

「リクルートドクターズキャリア」といえば、やはり病院業務そのものから分析する調査能力の高さが優れているといえるでしょう。病院経営の8割は赤字、という現代では、症例数の増加が見込める診療科は魅力的です。神経内科は理学療法士の助けも借りながら、治療にも取り組むという「人の手」が必要な科目。

神経内科医への期待は年々高まるばかりですが、それでも満足のいくスタッフとのチーム医療はなかなか実現できていないのが実情です。また、精神病も併発するケースがあり、薬物療法が欠かせない患者も多くみられます。その症状も、ひとりひとりの個人差が大きく、個性的ですので、画一的な臨床では周りの家族が納得できないこともあるでしょう。

神経内科は病院として取り組む姿勢が大切です。医療機器の善し悪し、スタッフの経験度、病院経営者のバックアップがあるかどうかは、転職エージェントの調査によってしか把握できません。まずは転職サイトに登録することが第一です。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.