内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 消化器内科医の求人

消化器内科医の求人

急性期、2次救急、あるいは慢性期といった非常に複雑な内部疾患を診療する内科医。求人数は供給数をはるかに超えているため、どの病院でも公開求人が一般的です。大学病院が臓器別、あるいは疾患別に研究しているのとは逆で、地域中核病院では消化器全般を診療する求人がほとんどです。「リクルートドクターズキャリア」では、求人数が多いことから、病院側の待遇向上が報告されています。それぞれの転職サイトに非常に多くの厚遇案件がありますので、複数サイトに登録することで、より働きやすい職場、高待遇条件を引き出してみましょう。

多くのクリニックや総合病院では、問診の上で消化器内科医に紹介状を書くことがあります。もちろん「専門治療」が必要になったことを意味するのですが、その多くは内蔵疾患の切除やステント留置術など。つまり、消化器内科医は内科医ではあっても、実際は外科であるのが特徴です。ですから、何時間も集中してオペに取り組まなければならない重圧感を抱える医師も少なくありません。内視鏡を使った治療でも、患者にストレスを与えますので、年々非侵襲検査、治療が求められています。「エムスリーキャリア」のエージェントの話では、より痛みのない療法を短時間で行う病院情報は、思った以上に患者の口コミが進んでいるとのこと。つまり、紹介求人内科の医師にとっては、最新の治療機器を使いこなせなければ、患者の信頼を得られない、という現実が生じているのです。

転職サイトに登録すると、コンサルタントのアドバイスで希望病院への斡旋が始まります。転職サイトの話では、医師が自分自身のスキルへのこだわりが強いほど、消化器内科求人の中身を精査できる、といいます。体力的にも学力的にも日々学ぶ力が求められる消化器内科医。「リクルートドクターズキャリア」の求人でも分かる通り、求人は全て「消化器全般」への医師求人です。それだけ不足しているため、いかに自分の体力、気力、そしてプライベートを充実できるかをもよく考慮して、エージェントと交渉して下さい。エージェントは日々病院経営者への経営コンサルティングも行っていますから、医師の提案事項も伝わりやすいのです。

それぞれのエージェントとも、特徴のある求人公開をしていますが、登録しなければ何も始まりません。よくコンサルタントと面談を重ね、時間のかかることを覚悟して、ぜひ自分にふさわしい職場を獲得して頂きたいと思います。とりわけ、症例数、オペ数、そして急性期病床から、慢性期病棟、回復期リハビリと、患者の病変も容態も変化していきます。充実した医療現場を手に入れるチャンスが、転職サイト登録です。様々な転職ツールを駆使して、視点を変えて求人情報を多くつかむことにつながります。このほかにも、もちろんさまざまな転職サイトがありますので、ひとつだけでなく、複数のサイトに登録することをおすすめします。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.