内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 内科医の仕事内容

内科医の仕事内容

内科医は医師の中でも圧倒的に数が多いのですが、患者数も多いため「一次救急」のイメージが強くあります。その仕事はやはり臨床専門医そのものです。ただ、医科系大学での内科は研究医の専門機関であるため、専門的な要素が強く、総合内科、一般内科、専門内科と区分けができるほど、多岐にわたっているのが現状といえます。「エムスリーキャリア」では、特に内科の区分けに応じた求人を揃えています。コンサルタントの交渉力も強く、内科医の特殊性に応じた求人の選択が評判です。登録することで、未来が開けますので、早めにサイトにアクセスしていきましょう。

内科医に話を聞くチャンスはどの位あるのでしょうか?もちろん、患者としてではなくその仕事についての内容を知るため、としてです。実をいえば、最近は内科医、それも大学病院や県立病院での内科勤務医の労働条件について、報道されることがたまにありますが、多忙を極めているのが本当のようです。きっかけは救急搬送の医療事故が立て続けに起こったことでしょう。救急指定病院に認定されている大学や公立病院の多くで、搬入拒否の動きがありました。これは、一次救急、二次救急とも増加傾向にあることが背景にあります。ここで考えられるのは、患者は良い医療を求めて、研究医療施設である大学病院や公立病院に初診の段階から通う「ミスマッチ」があります。本来はクリニックで十分対応できる症例までが、専門病院で診断されるケースが多いため、繁忙期が連続する内科医がいるわけです。午前八時半のカンファレンス、九時の外来、十時の回診、午後の外来、及び回診、救急外来などがあり、外来のあとでMRの来院やプレゼンなどがあり、時たま学会出席なども挟みます。

「リクルートドクターズキャリア」では、多忙極める内科医への求人に「自分の医師としての本来像」を取り戻す待遇、医療環境を積極的に提示しています。内科医師は健康に留意し、万民に予防医としての責任を果たすことが求められます。リクルートが全社を上げて取り組んでいる「転職」事業は産業医から検診医に至るまで、内科医の必要性を広く社会に訴求しています。「エムスリーキャリア」も非常に力のあるエージェントのひとつ。内科医の仕事は、症例判断と病変の察知を外科医に転送することもあげられますが、内科医の「手技」がいまひとつ力量に見合った報酬に届かない例が少なく無い、と考えられます。積極的な転職は、高報酬を求めること、勤務時間の適正化などが上げられますが、勤務時間の短縮なども大きな要因です。

エージェントは日々、理想の医療とは何かを追求し、病院と医師との陰の交渉役を行っています。「医師転職ドットコム」も同じように求人数の多さで定評があります。サイトを検索すると、無数のエージェントがあるのですが、おのおの特徴があり、担当コンサルタントの力量ひとつで、病院と医師とのマッチングの確実性が変わります。登録は数社はしておく必要があります。診療報酬制度は2年おきに変わりますが、高齢化社会の動きは今後変わることはありません。ぜひ、時代に即した医療業務を転職サイトで見つけて、理想の内科医の道を進みましょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.