内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の医師 >> 内科医の勤務時間

内科医の勤務時間

勤務医はざっくりいえば午前9時から午後6時の間が勤務時間ということになります。公立病院は基本的に公務員の就業時間に該当し、診療受付時間外が基本的に休診時間ですが、受付時刻と診療時刻とは差が出ますので、昼休みが取れない場合も少なくありません。そのため、「エムスリーキャリア」では内科の専門性を詳しく把握することで、勤務バランスをクライアントに提示しています。同じ内科とはいっても、仕事の内容と忙しさの度合いはなかなか数値化できません。そこを説明してくれますから、頼りになるのがうれしいところです。

医師求人サイトを利用することで、最も参考になるのが「勤務時間」と「年収」ではないでしょうか。「医師転職ドットコム」のコンサルタントに聞いてみると、医師の多くは独身の間、常勤と非常勤を交互に務めるなど、複数の病院勤務で報酬を稼いでいる実態も見受けられます。また、非常勤内科医が複数の病院で日勤外来を務めるなど、様々な勤務が可能です。会社員や公務員の場合には考えられない勤務体系なのですが、逆に言えば医師は「個人の裁量」で勤務時間が多様化できる、といってもよいでしょう。むろん、労働基準監督署は週40時間の勤務と超過勤務の是正を求めていますが、当直やオンコールは含まれていないのです。

転職サイトに登録することは、勤務時間についての変更にも大変メリットがあることをご存知でしょうか?医師は一度エージェントに登録をしますと、勤務時間や待遇での追加交渉にもエージェントの力を得ることができるのです。「エムスリーキャリア」も「医師転職ドットコム」と同様のコンサルティングキャリアのカンパニーですが、医師の転職はキャリア形成にも役立つことをよく知っており、転職は1回限りではないことを前提に医師へのサポートを行うのです。もし独身医師が家族を抱える状況になれば、当直は避けたいと考えるケースが増えます。オンコールはどうでしょうか?もし単身赴任でもなければ夜中に呼び出される状況は、同居家族にはなかなか理解しにくいのではないでしょうか?数万人も医師がいるにもかかわらず、なぜ自分だけがオンコール対応と日勤が重なるのだろうか?

転職エージェントは「医療業務の改善」を考えて転職先をピックアップするだけではありません。「リクルートドクターズキャリア」のコンサルタントが行うリサーチには、「医療現場の創造性」を取り入れています。内科医は「総合内科医」と「一般内科医」に分かれる傾向ですが、総合内科医と一般内科医とのチーム制導入によって、担当する科別に的確な医療を行う、というものです。結果として、病院の連携が進み、地域では中核病院への転職医、あるいは開業医や地域診療所との棲み分けがはっきりしてきました。結果、希望する勤務時間内で、希望以上の待遇を得る効果も生じています。転職サイトの果たす役割は、内科医が想像する以上に地域医療にも役立っており、過剰医療から適性医療への変革をも手助けしています。

内科求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.