内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の看護師 >> 内科の病棟管理の看護師求人

内科の病棟管理の看護師求人

内科の病棟看護師はリハビリテーションや介助を必要とする患者の医療に付き添う仕事が多く、内部疾患の入院患者の回復期や慢性期医療の現場が多くあります。そのため、様々な内部疾患の影響を受ける患者は、完全な回復を望めない場合も多く、退院後の心配をする本人と家族へのケアが欠かせません。そのため、転職エージェントは特に病棟看護師のケアについてどう望むか、という病院側のリサーチを志望者によく伝えることを望んでいるようです。「ナースフル」の求人は全国レベルですが、地域ごとに細かい内科看護師情報を掲載しているので探しやすいでしょう。

内科病棟では、ナースステーションでカンファレンスが始まり、入院患者の報告から一日がはじまります。外来勤務との大きな違いは、病棟が生活の場である患者の管理と、回診および見回りです。患者の来院はケースバイケースですから、急性期病棟から、慢性期病棟、あるいは回復期病棟へと移る患者もおり、その手配や担当看護師との連絡など、非常に多くの仕事があります。とりわけ、患者の病変によっては、外来へ回す、あるいはリハビリテーションを行うなど、流動性のある患者を診る職場といえます。

最近は患者の取り違えミスを防ぐために、患者に腕輪を付けて管理する方式が主流になりました。こうした配慮は患者のプライバシーや家族の確認と同時に、不審者の侵入を防ぐための方法でもあります。特に土日祝日の総合病院は、看護師が少ないことで、盗難が発生しやすい状況です。病院は様々な人的要因で事故が起こる可能性がありますので、管理という観点では、緊張感を切らさない仕事ともいえるのです。

また、最近の事例では集団感染が時々発生しています。内科病棟は寝たきりの患者も多いため、排泄物の処理や、非衛生的な環境を除去することが欠かせません。チームリーダーとしての病棟看護師の仕事には感染症を出さない、という厳命が各病院に通達されているのです。

転職エージェントの情報は、内科の外来看護師か、病棟看護師か、という区分けではなく、より細かいニーズ分けで病院と交渉に当たっています。「ナースフル」の例でいえば、疾患の専門病院の多くは、大学で研究室担当の看護師が転職するケースが見られ、即戦力としてスキルが期待されています。国立がんセンターなどの看護師は、特定大学出身者が多く見られ、治験も兼ねている病院の多くはチーム体制で病棟での病変に対応します。「マイナビ看護師」は外来と病棟という区分けよりも、本人の適性に主眼をおくセミナーを開催しています。

求職者本人の考えがどの程度病院に伝わるのかは、コンサルが丁寧に志望者の適性を汲み取らなければなりません。細かくても、面談は必ず重ねていきましょう。
「ナース人材バンク」はわりとスピーディに転職の道を進むことができるエージェントです。内科病棟というキーワードで、即多くの求人情報を開示してくれるので、求人を見ながら、志望者自身が考えをまとめるメリットがあります。さまざまなサイトのそれぞれの担当者が、病院の医療に取り組んでいます。ですから、3から4社は登録しておき、少しずつキャリアカウンセリングを進めていきましょう。実際に転職先が決まっても、現職を辞めさせてくれない場合は、エージェントに依頼することも忘れずにしましょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.