内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の看護師 >> 内科の看護師に向いている性格は?

内科の看護師に向いている性格は?

自分はどんな看護師に向いているのだろう、と考えてしまうのは「看護師だから」。ところが、最近は30代、40代から准看護師や正看護師へと転身する社会人が増えています。彼らは内科に向いているか、外科に向いているかなどと吟味などする余裕ものなく、無心で資格試験に臨み、働いているのが実情です。これは、昨今の就職難のため、働くために看護師の道を選ぶ人が増えたことを意味していますが、新卒から看護師へと向かう人たちには、その職場だけが社会体験です。やはり周りの看護師と自分を比較するのはあたりまえといえるでしょう。「ナースフル」や「マイナビ看護師」には適職への優れたカウンセリングがありますので、参考にするとよいでしょう。最後には人のちから、すなわちコンサルタントがあなたを万全にサポートしてくれます。

看護師には厳密に内科型、外科型などという種別はありません。しかし、「自分は内科系のナース?外科系のナース?」などという話はよく話題にのぼります。内科は1人と患者さんとじっくり向き合うタイプ、という考えが多いようです。ただし、急性期と慢性期でパターンは異なるので一概にはいえません。比べて向き不向きがはっきりしているのは、例えば救急医療を選ぶ看護師には、明確な職業感があり、トリアージを行う認定看護師のほとんどは、最初から救急医療看護を目指しています。いち早く患者を救い、あるいは一次救急の使命感を強く持つ看護師には、最適な職場といえるでしょう。

内科系に向いている看護師の一例として、検診や精神的ストレスへの対応といった臨床型を好み、「自分のペースを大事にする」タイプが適任です。チーム医療の独特な緊張感はありませんが、他人と組むことで自己犠牲を払ったり、他人を指導する立場になることで、医療の一体感を味わうのならば、内科でも消化器や呼吸器系が適任ではないでしょうか。扱う臓器の多さや患者の疼痛、あるいは激痛への緩和ケアは、ひとりの手では不可能な場合がありますから、お互いのスキルを共有しながら、看護をしていく力が養えるでしょう。やはり、チームとして参加するタイプならば、こうした内科系が適任と思われます。

もう少し掘り下げてみますと、内科の中でも病床型と臨床型のどちらかを志望する看護師が多い事実があります。臨床型は、どちらかと言えば医師の指示をよく把握し、患者への説明まで行えるタイプ。つまり、内科は寝たきりの患者も多いので、積極的な医療介助に関心の高いタイプといえるでしょう。人付き合いもよく「はっきりとした、感じのよい」対応が魅力です。臨床型は、丁寧な介助で口数の少ないタイプが好まれますし、実際そういった看護師が多いのです。内科病床でのケアで積極的に患者と歓談するようでは、回診や見回りに支障が出ますから、あまり明るすぎる性格の人では、少し合わないかもしれません。

「ナース人材バンク」では、様々な内科志望の看護師求人に対応しますが、コンサルはやはり「カウンセリング」にはタッチしないので、ご自分から性格判断を行うことが肝心です。「マイナビ看護師」の場合も同じようにキャリアコンサルタントを積極的に行い、看護師が得意とする医療行為などから、どの診療科に向いているかを判断しているようです。「ナースフル」の場合は、特に全国広範囲に及ぶ求人に対応しているため、地方の看護師の特徴を生かしたマッチングに力を入れている、といいます。それぞれに合う、合わないの求人が出てきますが、やはり数多くの選択肢から、選ぶのが転職への成功の道、といえるのは確かでしょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.