内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の看護師 >> 内科の外来の看護師求人

内科の外来の看護師求人

病院で受付を済ませてから、診療まで待合室で待機する時間は、大学病院や総合病院ほど長くなるのが相場です。地域医療の仕組みが整い始めているとはいえ、日本ではまだかかりつけ医や家庭医、総合内科医の存在は多くありません。そのため、外来の看護師は、待合室で体温や血圧を図ることで、即診察にかかれるようにするのが常識となっています。看護師専門の転職エージェントには、内科の外来看護師求人の実績があります。出来るだけコンサルタントに具体的な要望を伝えると、スピーディに転職が決まります。

総合病院の場合、受付でどの科にかかるかの判断が付かないことがあります。最近はコンピュータ画面での科目選択で、診察科目が決まってしまうところが多く、細分化された科目に患者が困ることもしばしばです。クリニックからの紹介状なしに総合病院にかかる場合は、総合受付の専門看護師に尋ねられることが多いかもしれません。総合受付の看護師は、経験を積んだ外来看護師が担当する場合が多く、特に内科は初診から診断を仰ぎますから、内科の看護師の知識やスキルがそのまま病院のイメージにつながるといっても過言ではありません。

外来は、多くの新規患者と接します。ですから、内科外来の看護師は、患者の一次救急の最前線にいることになります。例えば、この科にかかればよいだろう、と検討をつけた患者が医師の診断を受けたとしても、納得が得られない場合は、内科看護師が患者の病状を汲み取って、別の専科へ紹介することも必要です。と、いいますのは、医師には自分の領域外のことは「分からない」と正直には言わないからです。医師に診断され、結果がわからない場合も診療報酬は請求されます。ですが、診断料と処置料は別なのです。内科外来の看護師は基本的に医師の指示には従うことが厳命されていますが、病院内での患者へのより良い医療を提供する「きっかけ」は積極的に行うのです。

内科外来の看護師は、初診患者の血液検査、尿検査、あるいは健康診断での心電図や眼底検査や聴覚、視覚などの検査に加え、入院が必要な場合は病棟看護師との連絡をはかり、空床の手配を行います。病棟看護師と外来看護師の共同作業が終わった後、医師から入院の指示がはいりますので、スムーズな医療介助は外来看護師の役割そのものといえます。患者は全てカルテで管理されますが、当日受付した患者はすぐにカルテを医師の手元に手配させなければなりません。診察カード、カルテは一体のものです。患者の診察には、患者の衣服を脱がせるなどの接触行為も必要です、少ない時間でいかに質の高い医療を提供できるかが、外来看護師の腕の見せ所でしょう。

ただ、全ての医療機関でこのような連携が取れているとはいえません。患者から見ても、険悪な雰囲気の看護師はどこにでもおり、患者はなんとなく病院の様子を嗅ぎ取ってしまいます。これでは、冷静な看護はなかなか通用しないこともあり、転職エージェントは登録してきた看護師に、よくよく面談を行ってから希望病院を提示するのです。「ナース人材バンク」は情報量で、他を圧倒する求人数を誇りますし「ナースフル」のコンサルは、非常に気配りがよい、と評判がよいようです。「マイナビ看護師」は細かい条件ひとつひとつに確認作業を怠らない、という口コミがあり、転職の成功によって、病院の雰囲気が変わった、という評価も受けています。サイトの登録はわずか1分ほど、まずは検索からスタートです。

内科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.