内科求人サイトランキング

内科求人サイト TOP >> 内科の看護師 >> 内科医の看護師の勤務時間

内科医の看護師の勤務時間

看護師の勤務時間は36協定を勘案しても、週40時間以上は「体力の限界」を感じる人がほとんど。それだけ知力、体力、精神力を疲労させる職場だといえます。だからこそ、メリハリのついた休暇制度が求められますが、なかなかそうも行かないのが実情ではないでしょうか。「ナースフル」では、こうした内科勤務の看護師の切実さに応えるコンサルタントが活躍しています。無理を重ねるのは禁物。ぜひ転職エージェントの力を借りて体も心も充実した職場へ移りましょう。

内科は一次救急や検査入院など、様々な病棟を抱えています。その多くは急性期、慢性期、回復期と病変に応じて転院する患者も多く、カンファレンスの重要性は他の科に増して時間を要することがあります。そして、休日の病棟勤務は、患者関係者の訪問もあり、気が抜けないことも事実。休日は手当があるから、といっても、連日の勤務は体に堪えるのが常になってしまいがちですね。

求人サイトで求人情報を少しチェックするのは、勤務時間が長く、忙しく疲れている看護師にとって「骨休め」になる効果もあります。隣の芝生は青い、という言葉もありますが、看護師は基本的に他の職場体験がなく、専門職としての教育と国家資格(あるいは都道府県資格)者という称号で勤務できる地位を獲得しています。結果、仕事の満足感を得る方法は、患者の回復、高度医療の充実感、そして見合う報酬が多いとの結果が、看護師の転職エージェントのコンサルタントの話にも出ています。そう考えると、看護師としての仕事の充実感と共に、家庭での役目も果たすには「時間をうまく使う」しかありません。休日勤務は家族とのすれ違いになりますので、有給が使えないようならば、転職を考えなければならないでしょう。

また、夜間勤務は多くの看護師の問題です。内科の場合は特に病棟勤務が多く、内部疾患の病変はオンコールの「予備軍」ともいえる現象です。夜勤の場合は、大抵が午後10時と午前2時の見回り、あるいは点滴の確認作業などがあり、いつのまにか「疲労が溜まる」原因になります。これは夜勤を否定するわけではありません。問題は日勤業務と夜勤とが重なるような労働環境がある医療施設の存在です。一部の看護師や医師にこういった業務が集中することで、医療事故が発生していることもあります。命を預かる現場ですので、なかなか待遇改善を要求できないこともあるでしょう。また経営委員会への提言も通らないことがあるかもしれません。こうした場合は、転職エージェントの力を借りるのが得策だといえます。「ナース人材バンク」では、経営コンサルティングも行っています。これは病院をより明るく活気のある職場へと改善する「お手伝い」です。転職サイトの登録で、看護師は実際に自分の職場が他の病院に比べてどうなのかを知ることができます。そこからが、ご自分の看護師としての「理想像」を考えるきっかけと言えるでしょう。自分がいて、患者がいると同時に、家族もいるということを十分に考え、ぜひ転職エージェントの力を借りて健康的で生き生きとした職場へ向かいましょう。

内科求人サイト 人気ランキング 〜看護師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>内科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 内科求人サイトランキング All Rights Reserved.